赤坂恒明の連絡用ホームページ
連絡事項


――――――――――――――――――――――
今はなき清水公園の「乗り物公園」
 
「乗り物公園」跡地 (左端に旧花野井家住宅)
清水公園「乗り物公園」跡地
清水公園「乗り物公園」跡地
「乗り物公園」跡地 (右端に金乗院仁王門)
 
 東葛飾北部地域には、
流山市の総合運動公園にD51形式第14号機、柏市の柏西口第一公園にD51形式第453号機、松戸市小金原のユーカリ交通公園にD51形式第405号機、と三機の蒸気機関車が静態保存されております。しかし、かつては野田市内にも保存蒸気機関車がありました。形態の優美さで知られる旅客列車牽引用パシフィック機、C57形式の第129号機です。清水公園の「旧花野井家住宅」の北側に位置していた「乗り物公園」内に静態保存されておりました。しかし、甚だ残念なことに、解体されて既に久しく、「乗り物公園」ともども夙に過去帳入りしております。
 この「乗り物公園」には、名前のとおり、C57129以外にも、玉電「ぺこちゃん」こと東急玉川線デハ200形電車など、さまざまな「乗り物」が展示されておりました。
 ネット上に公開されている、往年の「乗り物公園」の様子を知ることができる写真としては、例えば次のものを挙げることができます。


 ┌──────────┐
 |  F  | B | |↑
 | /   | ↓ | |北北西
 |     C   @ |
 || D | A | |
 |E   ↓ ↓ ↓ |
 |↓         |
 | □         入り口
 |   ○      |
 |┌─┐    ┌─┐|
 |└─┘    |G||
 |       | ||南南東
 |       └─┘|↓
 └──────────┘

 @ 国鉄C57形蒸気機関車 第129号機
 A T-6テキサン(Texan)練習機「52-062
 B F-86Dジェット戦闘機「184」(F-86D-45-NA 04-8184
 C 東急デハ200形電車 デハ206
 D 三菱BD17型ブルドーザー
 E トロリーバス
 F 船
   @CDE:公園の敷地の向きにあわせて南南東向き。
   AB:公園の敷地の向きから、やや斜めに配置され、南向き。
   F:南西向き。
 G 野田町停車場(駅)旧駅舎。「乗り物公園」の管理棟。

 これらの展示物・施設のうち、@BCにつきましては、その来歴を知ることができます。しかし、Eは、どこで走っていたトロリーバスであるか判然としませんし、Fの船は、おそらく川船であると思われますが、どのような由緒のものであるのか、皆目わかりません。
 なお、入り口の正面から見て正面奥と、その左手、および、その手前にあった施設または展示物が何であるかは判然としませんが、休憩所や便所が含まれている可能性があるでしょう。
 清水公園を管理している「千秋社」に問い合わせれば、おそらく関係資料があると思われますので、詳細が判明するのではないかと思われますが、現時点では未照会です。

 さて、清水公園の「乗り物公園」は、昭和四十四年(1969)十一月に仮開園し2、翌昭和四十六年(1971)五月二十四日、野田市の誇る革新系の名市長として今なお野田市民の記憶に残る新村勝雄(しんむら かつお)市長3のテープカットによって、正式に開園しました4
 仮開園した時点では@〜Fが揃っていたようですが、管理棟となったG野田町駅旧駅舎は、昭和四十五年(1970)まで川間駅の駅舎として使用されており、「乗り物公園」内に移築されたのは昭和四十六年(1971)四月十五日ですので5、それを待って開園式が行われたものと推測されます。
 なお、「乗り物公園」の開園を昭和四十四年(1969)二月とする記載もあります6が、国土地理院「空中写真閲覧サービス」の196953日の航空写真(白黒)では、「乗り物公園」の位置は未造成で、施設らしきものは何もありません。


 あるいは、昭和四十四年二月とは、「乗り物公園」の設置が決定した日付であるのかも知れません。
 ちなみに、「乗り物公園」跡地南隣の「旧花野井家住宅」は、昭和四十六年(1971)十二月六日、現在地に移築されております7
 それはともかく、国土地理院「空中写真閲覧サービス」で、年代を追って航空写真を確認いたしますと、次のことが判明します。


 ここから、腐朽してしまった「乗り物」が、閉園前に既に撤去されていた状況がわかります。
 「乗り物公園」は、昭和六十一年(1986)に閉園したとのことです。そして、その跡地の大部分は、昭和六十二年(1987)三月に開設された「巨大迷路ピラビリンス」と化しました8
 閉園により、展示されていた「乗り物」は、蒸気機関車C57を除き、すべて撤去されました。残されたC57は、昭和六十一年(1986)十一月までに旧野田町駅舎の西隣に移され、向きも180度、変えられて北北西向きとなり、再公開されました。
 この時期におけるC57の写真は、次のサイトにて見ることができます。


 蒸気機関車の移設後、「乗り物公園」閉園後の跡地の状況は、国土地理院「空中写真閲覧サービス」の1990115日(閉園四年後)の航空写真から知ることができます。


 ┌──────────┐
 |   巨大迷路   |↑
 |  ピラビリンス  |北北西
 |   あらため   |
 | アクアベンチャー |
 |          |
 |       ───┤
 |      /     入り口
 |     |↑   |
 |     ||┌─┐|
 |     |@|F||
 |     ||| ||南南東
 |     ||└─┘|↓
 └─────┴────┘

 @国鉄C57形蒸気機関車 第129号機
   公園の敷地の向きにあわせて北北西向き。
 G野田町駅旧駅舎

 野田町駅旧駅舎は平成二年(1990)に解体され、部材は野田市教育委員会が保存しているとの由です。1990115日の航空写真を見る限りでは、駅舎はまだ残っておりますので、解体は115日以降、年末のことであったのでしょう。
 最後まで残っていたC57形式蒸気機関車第129号機も、平成八年(1996)七月に解体されてしまいました。その最晩年の無残な姿を写した写真が次のサイトに掲げられております。


 ここに「乗り物公園」の名残は跡形もなくなってしまいました。
 しかし、野田町駅旧駅舎の部材は保管されているということですので、野田市駅前の再開発の際には、その一隅、否、中心にこそ、是非とも再建していただきたいものです。
2021.9.20.記)
清水公園「乗り物公園」跡地
「乗り物公園」跡地 (正面奧に旧花野井家住宅)
清水公園「乗り物公園」跡地
「乗り物公園」跡地 (正面奥左寄に旧花野井家住宅)
(写真はすべて2021919日撮影)



小文「刀鍛冶の徒弟であった御落胤、伏見宮貞致親王」所載の 渡邊大門 編『歴史が拓く未来』(市川、歴史と文化の研究所、2021.1)は、発行されるや即日、品切れとなり、その後、ごく少部数が増刷されましたが、同じく品切れとなりました。本書を所蔵する図書館・研究機関は、私の把握する限り、国立国会図書館と八王子市図書館のみです。そこで、すでに稀覯書と化しております本書の517頁に所載の小文を、編者 渡邊大門先生から御認可いただきまして、ネット上に公開いたしました(ただし、「おわりに」の大部分は公開を差控えております)。学術論文ではなく、小著『「王」と呼ばれた皇族 古代・中世皇統の末流 』で割愛した文章を増補修訂した、一般読者向けの文章です。御一読いただければ幸いです。
2021.4.28



978-4-642-08369-0
日本史史料研究会 監修
 
赤坂恒明
 
「王」と呼ばれた皇族
 
古代・中世皇統の末流

 
東京、吉川弘文館、二〇二〇年一月
 
(発売:二〇一九年十二月二十日)
 
ISBN 978-4-642-08369-0
http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b487640.html


現在、細々と発売中。
2021.6.6



赤坂恒明のページ


過去に掲げた探訪記・写真等



● 以前に使用していた電子メール・アドレス「akasaka@aoni.waseda.jp」は既に廃止されております。

● かつて私が或る公開講座にて語った内容が、甚だ不正確に解釈された形で、私の発言として或るブログに書かれております。しかし、そのようなことは全く述べておりません。まことに困ったことです。

● 本ページのアドレスは、二〇〇四年九月末、
   http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/3312/index.html
 から
   http://www.geocities.jp/akasakatsuneaki/index.html
 に変更され、更に二〇一九年二月十三日、
   http://akasakatsuneaki.c.ooco.jp/index.html
 に変更されました。




過去の雑録より

 
(再公開作業中)


 
遠州堀江城主大澤左衛門佐基胤夫妻の墓(池袋の瑞鳳山祥雲寺)(2021620日記

 
最初の在日ウイグル民族(2021524日, 61日記

 
学術関連情報 音源付きミシャル・タタール民謡集 L.X.ジガンシナ、L.I.サルヴァロワ編『ラムベラのタタール=ミシャル人の民謡』(《タタール民族音楽=詩作品》第五巻)(202157日記

 
木寺宮研究の進展(2021417日記

 
善良両氏 (202121日記

 
20201221日の「天声人語」における『スーホの白い馬』によせて (20201222日記

 
或る日本人モンゴル帝国史研究者から、或る中国人(漢族)若手同業者への便り (202099日 日本語による電子メールからの抄録

 
カザン刊民俗音楽音源付書籍三点と、ペルム地方の「黄金基産(フォンド)」CD六点 ──ヴォルガ・ウラル地域諸民族の民俗音楽音源資料より── ウドムルト、コミ=ペルミャク、マリー、タタール、バシコルト(バシキール)等 (20191213日)

 
地名サランスクを知らざる金帳汗国史研究者は“もぐり”也と云わざるべからず (2018629日)

 
研究情報 : 十八〜十九世紀の北カフカスの歴史におけるチンギス・ハンの後裔たち (2018312日)

 
東カレリア北部のカレリア・フィン民謡の音源資料(2016.11.27.記)

 
価格百分之一 トルクメンとモンゴルの豪華写真集(20151013日)

 
研究情報 : 近刊のランプール本『集史』「モンゴル史」写真版刊本(2015108日)

 
訃報 タラスベク・アセムクロフ Talasbek Asemkulov 氏(2014年11月4日記)

 
拙稿中の一章「ウテミシュ=ハージーの『チンギス=ナーマ』の史料性,再論」(2013.6.29)

 
タタール民族の国民的芸術家ウルマンチェ生誕115年記念展図録(2013.6.8)

 
研究情報 : 十五〜十七世紀のロシアにおけるチンギス家一門 (2012.4.27)

 
アルメニアで刊行された、アイヴァゾフスキーに関する美術研究書 (2012.4.12)

 
三たびクインジ (2012.2.7)

 
油地獄 イサーク・レヴィタン生誕百五十周年 (2011.09.04)

 
ロシア美術館のアルヒプ・クインジ (2011.07.18)

 
A.I.クインジ歿後百周年によせて (2010.11.22)



赤坂恒明のページ